Site search

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

Site search

Categories

2015年9月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Tags

主婦キャッシングの利用条件

キャッシングは、多くの人に利用されている人気商品であり、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者が中心となり提供しています。毎月の約定返済日に指定以上の金額を返済するという事がルールであり、安定した収入を得ているという事が求められています。民法の第5条において未成年者の法律行為は法定代理人の同意を得なければならないと規定されているので、未成年者は対象からは外されています。

つまり、20歳以上で安定した収入を得ているという事が、キャッシングを利用するための条件です。ただし、安定した収入とは正社員を指す言葉ではないので、派遣社員やフリーターでも継続して収入を得ている場合は利用する事が出来ます。このために、主婦や学生のキャッシング利用者は少なくはありません。20歳以上で定期的に収入を得ていれば、審査に申込む事ができるからです。

主婦キャッシングで注意しなくてはならないのは、自身が収入を得ていない専業主婦の場合です。貸金業者が提供しているキャッシングは、貸金業法という法律により規制されています。貸金業法は2010年に総量規制という年収の3分の1以内に借入総額を制限するというルールが新たに加えられているので、専業主婦は対象からは外れています。

このために、専業主婦が主婦キャッシングするためには、貸金業者以外の商品を見つけなければならないという事であり、銀行の商品に限定される事になります。銀行は、銀行法により規制されている金融機関であり、総量規制の対象からは外れています。専業主婦も利用可能としている商品も多数用意されており、収入を得ていない場合でも主婦キャッシングが可能です。

銀行の商品も基本的な内容は貸金業者のキャッシングと同様で、担保や保証人は必要がありません。毎月指定以上の金額を約定返済日までに返済するという事がルールであり、信用を積み重ねる事により利用額が増額されるという仕組みです。ただし、専業主婦の場合は利用額の上限は一般よりも制限されています。